【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

沖縄そば特集

沖縄そば特集

県内だけで1日に15万食以上が消費されている、沖縄の代表的な庶民食「沖縄そば」。古くは中国から伝わった宮廷料理として愛され、大正時代以降から庶民に伝わり、県内で広く食べられるようになりました。毎年10月17日の「沖縄そばの日」には、製麺メーカーが沖縄そばを無料配布するなど、各地で色んなイベントが行われ、多くの人で賑わいます。

小麦粉と塩、かん水で作られた幅広の麺と、豚骨やカツオ節を用いた出汁に、甘辛く味付けした「ソーキ」と呼ばれる豚のスペアリブや三枚肉、かまぼこ、ネギを乗せたものがスタンダード。他にも野菜炒めやヨモギ、豚足など色んな具を乗せた沖縄そばが楽しめます。沖縄本島以外でも沖縄そばは食べられており、具を器の底に置き、麺で隠した「宮古そば」や、細くて丸い麺に細長く切った具を持った「八重山そば」、太く縮れた麺が特徴の「大東そば」など、地域ごとに麺やスープ、具、調味料がアレンジされています。それぞれ味わいが違うので、食べ比べしてお気に入りの一杯を見つけてください。