【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

琉球王国のグスク及び関連遺産群

2000年12月に琉球王国時代の遺跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。県内にある9つの遺跡から構成され、どれも琉球王国と非常に深い関わりをもっています。琉球王国は古来日本や中国、朝鮮、東南アジア諸国との交易によって、それらの国の影響を受けながら独自の文化を形成・発展してきました。登録されている遺跡はどれも14世紀~17世紀にかけて繁栄した王国文化を色濃く残しており、王国時代の沖縄の姿を現在に伝えてくれています。

今帰仁城跡

今帰仁城跡

13世紀末頃に築城されたと言われている。沖縄本島北部の今帰仁村に位置する城で、城壁は古生期石灰岩を積み上げて屏風状に築かれており、総長1500メートルに及ぶ。標高90~100メートルの丘の上に築かれ、首里城に匹敵する規模をもつ城であり、難攻不落の城で知られていた。三山時代は北山王攀安知の居城であったが、尚巴志によって三山が統一された後は王府から派遣される北山監守の拠点となった。現在は城壁と城内の一部の拝所のみが残されており、事前に申し込めば結婚式を挙げることも可能である。

勝連城跡

勝連城跡

12世紀頃から築城されており、琉球王国の王権が安定する過程で最後まで国王に抵抗した有力按司阿麻和利の居城であった。今帰仁城跡同様、標高の高い丘の上に築かれ、北は金武湾を囲む北部の山々やうるま市の離島を、南は知念半島や久高島、護佐丸の居城であった中城城跡が一望することができる。城内には火の神を祀った拝所など、今でも多くの人が参拝に訪れる場所でもある。阿麻和利の生涯を題材として作られ、地元の中高生によって演じられる現代劇『肝高の阿麻和利』の野外公演もここで行われる。

中城城跡

中城城跡

14世紀中頃から先の中城按司によって築城され、護佐丸によって現在の形に整備された。以後王権の安定化に重要な役割を果たす。護佐丸は城づくりの名手と言われており、城壁は場所によって石積みの方法が異なる。中でも三の郭、北の郭は「相方積み」と呼ばれる最も進んだ技法が用いられ、城壁は曲線を描くようにつくられている。その城壁は精巧なアーチ門とともに、視察に訪れたペリー一行にも高く評価された。また沖縄戦での影響が少なかったことから、他のグスクに比べて城壁の損壊も少なく、戦後は公園として利用されていた。その後史跡の指定を受け、現在は日本100名城に指定されている。「護佐丸・阿麻和利の乱」の舞台としても有名。

座喜味城跡

座喜味城跡

15世紀初めごろ、山田城に居住していた護佐丸が旧北山勢力を監視する目的から築城したといわれる。楔石を用いた入口のアーチ門は、この城が一番最初に取り入れた工法であるという。県内のグスクで唯一赤土の上に築かれ、地盤のやわらかさを強化するために城壁を屏風状にしたり、幅を広げるなどの工夫がなされている。その城壁には階段を使って上ることができ、城壁の上からは首里・那覇をはじめ本部半島や東シナ海に浮かぶ慶良間諸島・久米島・伊江島・伊平屋諸島を見ることができる。沖縄に大小300余りあるグスクのうち最も美しいとされているが、沖縄戦当時は日本軍の高射砲陣地が築かれ、城壁も損壊するなどの影響を受けた。戦後の史跡指定を受けて現在の形に修復された。

首里城跡

首里城跡

14世紀中ごろ~後半にかけて築城された。三山時代は中山王の居城として、尚巴志が三山を統一してからは琉球王国の政治・経済,文化,外交の拠点となった。正殿や北殿、南殿は内郭の中にあり、唐破風と呼ばれる屋根のつくりや装飾が施された龍柱など、いたるところに中国の建築様式の影響がみられる。正殿は国王が居住し政治を行う場所であり、正殿前の御庭(うなー)では冊封(=国王の代替わりに訪れる中国国王の使者をもてなす)など様々な儀式が執り行われた。1829年明治政府によって廃藩置県が行われ、首里城は王府としての機能を失うが、その歴史的価値から1925年に国宝の指定を受けた。しかし沖縄戦の際に日本軍の司令部として利用されたため米軍の激しい攻撃に合い、全焼した。現在の建物、城壁などは戦前の建物を参考に平成4年に復元されたものである。その後2000年の沖縄サミットでは晩餐会の会場となったほか、小説「テンペスト」の舞台として映画にも登場した。1年を通して「新春の宴」、「中秋の宴」、「首里城祭」などの行事が催され、中には国王と王妃が登場して行うものもある。

園比屋武御嶽石門

園比屋武御嶽石門

守礼門と歓会門の間に建っている石造りの門である。第二尚氏三代国王尚真の時代に、八重山の竹富島出身の西塘(にしとう)という役人が築造したものと伝えられる。門の後ろは本来神の宿る神聖な森であり、国王が地方へ視察に向かう際や、斎場御嶽に向かう際の道中の安全祈願を行ったという。首里城や玉陵と同様に、日本と中国の建築様式を合わせる形で作られており、王国時代の信仰や文化を今に伝える貴重な遺産である。1933年に国宝に指定されたが、沖縄戦による被害を受け一部が破壊された。その後1955~1957年に復元され、現在でも多くの人が参拝に訪れる。

玉陵

玉陵

16世紀初め頃、金丸を始祖とする第二尚氏王統の陵墓として、三代国王尚真によって造営された。屋根のついた「破風墓」の形式でつくられており、そのような構造はやがて庶民にも取り入れられた。玉陵の敷地内には石碑が立っており、その石碑にはこの墓に納められる資格のある王族について書かれていて、その掟に背いた場合、「天を仰ぎ、地に伏して祟るべし」とある。また、その石碑の中で明らかに対象から除外されている王や王族が見られるため、一族内で権力争いがあったとの見方もあり、謎の多い陵墓である。沖縄戦によって東室・西室の一部が破壊されてしまったが、1974年に修復された。

識名園

識名園

王家の別邸として1799年に創建される。王族の保養、あるいは冊封使(国王の代替わりに中国から訪れる使者)をもてなす場として利用され、王国の外交面において重要な役割を果たした。庭園は池の周りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園」の形式をとっている。日本庭園に多く見られる造園形式であるが、識名園では、「心」の字をくずした池の形(心字池)を中心に、浮島に中国式の東屋である六角堂を建てたり、石造りのアーチ橋を配するなど、中国の意匠も取り入れられ、琉球独自の様式がみられる。沖縄戦によって破壊されたが1975年から復元整備を開始し、1996年に終了した。

斎場御嶽

斎場御嶽

伝承によると、琉球開闢の神「アマミク(アマミキヨ)」が創設した9つの聖地のうちの1つとされる。正確な創設年は不明だが、15世紀前半には国王がこの地に巡幸した記録が残されている。王国最高位の女神官(ノロ)である「聞得大君(きこえおおきみ)」の就任儀式である「御新下り(おあらおり)」が行われる格式の高い御嶽であった。古来聞得大君は王の姉や妹など王族の女性であり、王国における神事は全て女性が司っていたことから、重要な祭祀に関わる拝所は男子禁制であり、斎場御嶽もその一つである。現在では「東御廻り(あがりうまーい)」をはじめ、老若男女問わず多くの人が参拝に訪れる場所であり、パワースポットとして有名。三庫裏(さんぐーい)の奥には久高遙拝所があり、神の島といわれる久高島を見ることができる。