【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

産地だからこそ味わえる極上のおきなわ和牛ステーキに舌鼓

産地だからこそ味わえる極上和牛ステーキに舌鼓

昔から豚肉を食べる習慣のあった沖縄で、牛肉がよく食べられるようになったのは戦後のこと。
進駐してきたアメリカ軍と一緒にアメリカ文化も県内に広がって行き、伝統的な食文化も大きな影響をうけました。
戦後すぐの時代にはアメリカ兵向けのレストランで出されていたステーキですが、やがて一般庶民にも広がり、県内のあちこちにステーキハウスができるようになったのです。

当時からステーキのサイズはアメリカンサイズ。
大きくてボリュームがあるのが特徴です。
アメリカの統治下にあった沖縄では牛肉の輸入関税も低く抑えられ、リーズナブルな価格でステーキが食べられたのもステーキハウスが増えた理由のひとつでしょう。
また、当時は輸入牛肉が主だったステーキですが、近年は県内産の和牛がメインになりつつあり、ふたたび沖縄のステーキハウスに注目が集まっています。

実は沖縄は有名ブランド牛肉の生産地の一つ。
もともと子牛の生産農家が多く、その子牛が本土に販売され、有名ブランド牛として育てられてきたという歴史をもちます。

現在では飼育も県内で行われ、石垣牛ややんばる牛、伊江牛など有名なブランドも数多くできてきました。
いずれも黒毛和牛で肉質が柔らかく、味わい深いのが特徴です。

国産和牛になっても本土と比べ、リーズナブルな価格を維持できるのは産地ならでは。
「おきなわ和牛」として県内外で人気があります。
ぜひ一度本格的な和牛ステーキを沖縄でご賞味ください。

ステーキハウスのご予約はこちら

ステーキハウス

グルメ

アメリカの統治下時代からある老舗のステーキハウス。エンターティメント性の強いパフォーマンスで盛り上げてくれるステーキハウス。近年ブームの石垣牛、やんばる牛、伊江牛などのおきなわ和牛の味を堪能できるステーキハウス。
沖縄にはさまざまな特色のステーキハウスが数多くあります。お好みのステーキハウスを見つけてみてください。