【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

《年末年始休業期間のお知らせ》 [休業日] 2017年12月28日(木)~2018年1月4日(木)
本年度の営業は2017年12月27日(水)PM12:00 (日本時間)までの予約受付で終了致します。休業期間中の新規ご予約は1月5日(金)からの対応になりますので、ご了承ください。

ウチナーの心を染め上げる紅型の歴史

ウチナーの心を染め上げる紅型の歴史

「紅型(びんがた)」は、沖縄の気候と風土が育んだ色鮮やかな染物です。
伝統的な紅型染めの着物は、かつては王侯士族の婦人など、位の高い者しか着ることを許されませんでした。

しかし、華やかな印象とは裏腹に、紅型の歴史はベールに包まれています。
実は、その発祥についても、はっきりとした記録は残っていません。

紅型が誕生したのは、おおよそ14~15世紀頃だろうと言われています。

時はまさに大航海時代。
琉球王国が東シナ海のハブ港として世界各国と盛んに交易をするなかで、インド更紗やジャワ更紗、中国の印花布、京友禅の技法などを巧みに取り入れ、沖縄独自の染物として発展させたのです。

当時の職人たちが丁寧に織り上げ、染め上げた紅型の染物は、貴重な交易品として世界中に渡ったことでしょう。
実際、中国の故宮博物院では大量の紅型が所蔵されています。

大正から昭和初期にかけては、柳宗悦らを中心とした民藝運動でも大きく取り上げられました。
そして紅型のデザインは、染織工芸家・芹沢銈介など国内外のアーティストにも大きな影響を与えたのです。

しかし、第二次世界大戦ですべての紅型工房は破壊されてしまいます。
一時は技術の継承も危ぶまれました。

現在、わたしたちが美しい紅型を楽しむことができるのは、戦後、紅型復興に尽くした工芸家・城間栄喜氏らの努力の賜物です。