【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

世界遺産にも登録 史上最強の反逆軍の要塞『勝連城』

史上最強の反逆軍の要塞『勝連城』

沖縄本島中部に位置する勝連城跡は、首里城跡や今帰仁城跡とともに、「琉球王国のグスク及び関連遺跡群」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

沖縄では、城は「グスク」と呼ばれますが、勝連城もほかのグスクと同じように、琉球石灰岩の切石を使い、丘陵地を巧みに利用した曲線状の城壁を特徴としています。

勝連城は、13世紀ごろ、琉球王家の分家である勝連按司によって築城され、代々の勝連按司が住む居城として繁栄を極めました。

最後の城主となった第10代・阿麻和利(あまわり)は、琉球王府を脅かすほどにまで勢力を拡大。
城の増築を繰り返して、首里城にも匹敵する極めて防衛機能の高い要塞に作り上げました。

現在の勝連城跡には石垣しか残っていませんが、遠くから見ると、まるで丘の上に乗り上げた軍艦のように見えるはずです。

1458年、いよいよ阿麻和利の勢力は王府に謀反を起こします。
しかし、あえなく失敗。強大になりすぎた勝連按司は、勝連城とともに滅びる運命をたどりました。

国定史跡でもある勝連城は、現在でも継続的に発掘調査が行われていますが、城の内外からは、琉球王朝とは別のルートで、盛んに海外交易を行っていたことをうかがわせる陶磁器や瓦などが多数出土しています。

勝連城までのアクセス

那覇空港から車で約1時間30分。
沖縄自動車道経由で那覇空港から車で約1時間。