【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

海洋生物のパラダイス!沖縄の海の生態

海洋生物のパラダイス!沖縄の海の生態

世界中のダイバーが憧れる沖縄の海。
エメラルドグリーンの海の中には、色とりどりの熱帯魚だけでなく、さまざまな海洋生物が生息しています。

ビーチからすぐ近くの浅瀬でも、人気者のカクレクマノミや優雅なチョウチョウウオ、鮮やかなスズメダイなどに出会うことができますし、沖に出れば、大きなジンベエザメやオニイトマキエイ(マンタ)が泳いでいて、季節になればクジラがやってきます。

クジラにとって、暖かい沖縄の海は出産や子育てに向いているのです。

また沖縄本島の中北部には、絶滅危惧種であるジュゴンも生息しています。

さらに本島のほぼ全域にウミガメの産卵地があります。

沖縄の海がこれほど豊かなのは、世界最大の暖流のひとつ「黒潮」のおかげでもありますが、サンゴ礁の役割も見逃すことはできません。

全世界では約800種類のサンゴが確認されていますが、沖縄の海にはそのうちの約200種類のサンゴがいるそうです。

サンゴ礁は、小さな魚が身を隠したり、卵を産む場所としても最適の場所。

「沖縄の海が独自の生態系を保っているのはサンゴ礁があるから」といっても過言ではありません。

沖縄の美しい海は、人間だけでなく、海洋生物にとってもパラダイスのようです。