【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

プルプル食感が病みつきになる「ジーマーミ豆腐」

プルプル食感が病みつきになる「ジーマーミ豆腐」

沖縄の居酒屋では定番のメニューで、お土産としても人気のジーマーミ豆腐。

滑らかな舌触りとプルンとした食感、ほんのりと甘い上品な味わいは、一度食べたら病みつきになる人も多いのではないでしょうか。

でも、原料を聞かれたてパッと答えられる人は少ないかもしれません。

一般的な豆腐が大豆から作られるのに対し、ジーマーミ豆腐の原料は、実はピーナッツ。

作り方も普通の豆腐とは違っていて、ジーマーミ豆腐はピーナッツの絞り汁にサツマイモのでんぷんを加えて作ります。

あのプルプル、モチモチの正体は、天然由来のでんぷんというわけ。

ちなみに「ジーマーミ」というのは、沖縄の方言で「地豆」という意味。
土の中に生えるピーナツのことなんです。

沖縄では一年中スーパーマーケットで売られていて、沖縄料理を代表する食材として日常的に食べられています。

ジーマーミ豆腐はビタミンB1やビタミンEを多く含んでおり、アルコールの糖分を分解してくれるので、お酒のおつまみにもピッタリですし、美肌効果もあるので黒蜜の甘いタレをかければデザートにもなりますね。

また疲労回復効果も期待できるので、旅行で疲れた時にもぜひ食べてみてください。

沖縄旅行の思い出に、忘れられない味になるはずです。