【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

“リアルな沖縄”が体験できる第一牧志公設市場

“リアルな沖縄”が体験できる第一牧志公設市場

那覇の国際通りに行ったら、ぜひ立ち寄りたいのが第一牧志公設市場。

賑やかな国際通りからアーケード(市場本通り、市場中央通り)に入ると、そこはもう買い物パラダイスです。

食品だけでなく、雑貨屋、洋服屋、本屋まで、市場周辺には小さなお店が軒を連ねていて(約700軒!)、観光客だけでなく地元の人もたくさん。
毎日活気にあふれています。

アーケードの中程まで歩くと見えてくるのが公設市場です。
ここは、戦後のヤミ市時代から続いており、長い間、沖縄の人たちの生活を支えてきました。

1階の生鮮品売場には、沖縄の食文化を彩る食材がずらりと並んでいます。
グルクンやブダイなど近海で獲れた魚や、豚足(テビチ)や豚の顔の皮(チラガー)、ゴーヤーにパパイヤ、マンゴー、ドラゴンフルーツ……。

見ているだけでも飽きませんが、実は1階で買った食材は2階の食堂で調理してくれるので(有料)、お店の人においしい食べ方を聞いてみましょう。

また食材を買わなくても、2階の食堂では沖縄ソバやチャンプルーなど、沖縄料理を楽しむことができます。

公設市場の周辺は歩いているだけでも楽しいエリア。
迷路のような細い路地を歩けば、リゾート地では決して見ることができない“リアルな沖縄”が見えてくるようです。

第一牧志公設市場までのアクセス

・空港より車で約10分
・モノレール『美栄橋駅』より徒歩約10分