【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

長寿県・沖縄が世界に誇る健康甘味料「黒糖」

長寿県・沖縄が世界に誇る健康甘味料「黒糖」

沖縄を旅行していると、サトウキビ畑をよく見かけます。
収穫したサトウキビの皮を剥いて、輪切りにすれば、それだけで野性味あふれるスイーツの完成!
そのままかじると、甘い蜜が口いっぱいに広がります。

沖縄の名産品である「黒糖」は、収穫したサトウキビの搾り汁を何時間も煮詰めて固めた100%ナチュラルな健康食品。
凝固剤などの添加物を一切加えていないものが本物の黒糖です。

沖縄は世界的に見ても良質な黒糖を作ることで有名ですが、沖縄にその製法が伝わったのは17世紀。

“沖縄の五偉人”の1人、儀間真常(ぎま・しんじょう)が中国で製糖法を学んで沖縄全土に普及させて以来、黒糖は沖縄の経済を支えてきた貴重な作物なのです。

一般的な白砂糖のように、サトウキビに含まれるカルシウムやカリウム、鉄などミネラル成分や、ビタミン類などを取り除いていないため、栄養素も豊富。

ダイエットや虫歯の予防にもいいとされているだけでなく、夏バテ防止やアトピー性皮膚炎の改善にもいいとされています。

つまり、さまざまな栄養素を含む沖縄産の黒糖は、ただ甘いだけの甘味料ではなく、予防医学の面から見ても非常に優秀なアルカリ性健康食品なのです。

沖縄では、普段から料理にも黒糖を使いますが、沖縄が長寿県なのも納得です。