【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

極上のヒーリングスポット 涼を求めて沖縄の滝をめぐる!

極上のヒーリングスポット 涼を求めて沖縄の滝をめぐる!

よく晴れた暑い日、沖縄の地元の人たちが避暑に行くのはどこだと思いますか?
「涼しくなりたいなら滝がおすすめ!」
きっとそう答える人が多いはずです。

沖縄の滝の特徴は、その多くが亜熱帯の森の奥にあるということ。
もちろんそれぞれの滝によって歩く距離や大変さは違いますが、沖縄の滝は、ぜひとも行き帰りの行程を含めて楽しみたいところ。
巨大なシダ、珍しい鳥や昆虫などの動植物、透き通った川のせせらぎ……。
アドベンチャー気分で亜熱帯の大自然を堪能したあとに、滝は訪れる人を出迎えて癒してくれるはずです。

“本島最大級の滝”といえば、本島北部の国頭村にある「比地(ひじ)大滝」。
落差約27mのダイナミックな滝で、豊富な水量を誇る力強い景観は見る者を圧倒します。
入口から滝までは遊歩道で1.5km。
片道約60分かかりますが、亜熱帯の森の奥にある「比地大滝」はまさにジャングルの中のオアシスです。

また動植物のパラダイスとして知られる西表島は、滝の宝庫でもあります。
「日本の滝百選」にも選ばれている「マリユドゥの滝」や、沖縄で最大の「ピナイサーラの滝」、“幻の滝”とも呼ばれる「ナーラの滝」……。

轟々と流れ落ちる滝の水しぶきを浴びれば、体も心もリフレッシュすること間違いなしです。

※ 沖縄の滝は極上の癒しスポットですが、しっかりとアクセスの下調べをして、靴も滑りにくいものを選んでください。虫除けやタオルも持っていくようにしましょう。
※ また滝壺など遊泳禁止の場所も少なくないので、ルールはよく守りましょう。