【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

苦みがクセになる“スーパーベジタブル” 「ゴーヤー」

苦みがクセになる“スーパーベジタブル” 「ゴーヤー」

沖縄料理に欠かせない野菜の代表格といえば「ゴーヤー」。

ゴーヤーチャンプルーが“沖縄のソウルフード”として真っ先に挙げられるのは、「ゴーヤー」が沖縄の人たちに愛されているから。
チャンプルーだけでなく、天ぷらにしたり、酢の物にしたり、沖縄では毎日食べる人も珍しくありません。

別名「苦瓜(にがうり)」とも呼ばれる「ゴーヤー」の最大の特徴は、その苦み(実は、沖縄で生まれ育っても「子どもの頃は苦くて食べられなかった」という人も)。

独特の苦みは、アミノ酸と合わさることで旨味を増幅することが知られています。
つまり、カツオだしをたっぷり使うゴーヤーチャンプルーがクセになるのは栄養学の理にも叶っているというわけです。

「ゴーヤー」は美味しいだけではありません。

「ゴーヤー」の苦み成分は、血糖値やコレステロールを低下させる働きがあると言われていて、糖尿病や肥満の予防・改善も期待されています。

ビタミンやミネラルも豊富で、疲労回復や夏バテ防止にもぴったり。
もちろん美肌効果も期待大!

また「ゴーヤー」に含まれるビタミンCは加熱に強いのが特徴で、炒めても効率的にビタミンCを摂取できる“スーパーベジタブル”なのです。