【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

オリジナルのアイテムも作れる「琉球染め物」

オリジナルのアイテムも作れる「琉球染め物」

海外との交易で栄えた琉球王国では、さまざまな文化が混ざり合い、長い時間をかけて独自に発展しました。
「琉球染め物」もそうした文化のひとつです。
琉球藍(※)を使った藍染めや、紅型(びんがた)と呼ばれる染め物は、沖縄オリジナルの製法で作られています。

沖縄の海や空を連想させるナチュラルな風合いが美しい藍染め。
一方の紅型は、南国らしいカラフルな色合いで、草花や鳥など、沖縄の自然をモチーフにした繊細なデザイン。
すべて職人さんの手仕事で、型紙と糊を使ってこまかな模様が描かれています。
もともとは貴族や士族の婦人の着物生地ということで、首里城の近くには今でもいくつかの工房があります。

紅型は、華やかな琉球王朝の象徴というわけです。
でも、最近は伝統的な着物や帯だけでなく、Tシャツやかわいいアクセサリー、モダンなインテリア雑貨など、いろんなアイテムに使われているので、沖縄土産にもぴったりですね。

また、オリジナルの染め物が欲しい人には、工房での染め物体験も人気。
熟練の職人さんにはかないませんが、世界でひとつだけの「琉球染め物」を作ることができますよ。

(※)琉球藍=本土の蓼藍やインド藍とも違う植物で、藍染めの方法も異なる。