【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

冬の沖縄でぜひ味わいたい伝統料理「ソーキ汁」

冬の沖縄でぜひ味わいたい伝統料理「ソーキ汁」

沖縄の冬の定番料理といえば、「ソーキ汁」です。
地元の人にとっても“南国沖縄が少し肌寒くなる季節に味わいたい料理”として人気で、家庭ではもちろん、居酒屋や定食屋でも欠かせない沖縄の冬のソウルフードです。

ソーキというのは、豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)のこと。
ソーキそばなどにもトッピングされていますが、長い時間をかけて柔らかく煮込んだもので、泡盛との相性も抜群。

また、具材には、大根やにんじんのほか、冬瓜やパパイヤを入れることもあり、具だくさんでヘルシーな一杯です。

鰹と昆布でダシをとった上品なスープは、味噌や醤油で味付けしたあっさりした優しい味。
お店によって味が違うのも楽しみのひとつですね。

調理には手間と時間がかかるので、昔は、沖縄でも普段の食卓にあがることはほとんどなく、客人をもてなすためのぜいたくな家庭料理だったそうです。

かつては豚一頭を丸ごと料理したという沖縄の正月を彩る代表的な料理でもありました。

メニューで見つけたら、お店ごとのさまざまな「ソーキ汁」を楽しんでみてください。
温かいスープを飲み干せば、身体も心もぽかぽかするはずです。