【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

海底の人気者「チンアナゴ」に会いにいこう! 

海底の人気者「チンアナゴ」に会いにいこう!

「チンアナゴ」は、美ら海水族館ではマンタやジンベイザメにも劣らない人気者。

水槽の前はいつも人だかりで、見ている人もみんな笑顔。
ずっと見ていても飽きません。

砂の中から愛嬌のある顔を出し、ゆらゆらと揺れている姿がどことなくユーモラスなのです。
(日本語名の「チン」は犬の狆のこと。目の大きいかわいい顔が確かに似ています)

「チンアナゴ」は、沖縄の近海やインド洋、西部太平洋に分布するウナギの仲間。
水深10mほどの流れのいい砂底に群れで生息していて、全長40cmほどに成長します。

体半分を砂に潜らせゆらゆらしていますが、群れのみんなが同じ方向を向いているのは、流れてくる動物プランクトンを食べているから。

とても臆病な性格なので、驚いたり、敵が近づいてくると、砂にさっと隠れてしまいますが、その穴は、自身の粘液で固めてあって、巣穴が崩れないようになっているそうです。

恩納村周辺や水納島、慶良間諸島などのダイビングポイントでは、天然の「チンアナゴ」たちに会うこともできます。

警戒心が強いのでなかなか間近では見れませんが、しばらく静かに待っているとニョロニョロ顔を出してくれるかもしれません。