【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

木漏れ日の中の原風景 - 「備瀬のフクギ並木」

木漏れ日の中の原風景—「備瀬のフクギ並木」

美ら海水族館から歩いて10分ほどのところに、備瀬(びせ)という小さな集落があります。

備瀬は、昔ながらの沖縄らしい風景が残っている地域。
白い砂が敷かれた路地には約2万本ものフクギが立ち並び、緑のアーチが迎えてくれます。

フクギという木は、漢字では福木と書きますが、もともとはフィリピン原産の常緑樹。

15メートル以上の高さにまっすぐに育ち、樹皮や葉も丈夫なことから、沖縄では、台風や火事の延焼を防ぐ防風林や防火林として植えられ、塩害にも強いので、とくに海から近い備瀬のような集落で重宝されてきました。

地域を守るために植えられたフクギですが、いまでは訪れる観光客を癒してくれます。

木漏れ日が差し込む柔らかい砂地の路地をのんびり散策していると、気分も和らぎます。

備瀬のフクギ並木は約1キロ。
レンタサイクルを借りたり、牛車に乗ってみても楽しいですね。

中には推定樹齢300年という木もあるそうですよ。

忘れてならないのは、備瀬にはいまでも250戸の住宅があり、集落に住む人たちの日常があるということ。
大きな声を出したり、私有地に入ることは避けましょう。

備瀬のフクギ並木までのアクセス

那覇空港から 車で約2時間30分