【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

免税制度

免税店シンボルマーク

logo322_221

免税販売の対象となる商品の拡大が平成26年10月1日から開始になりました。従来免税販売の対象となっていなかった消耗品のうち、食品類、飲料類、薬品類、化粧品類などなど、新たに免税対象となる品目が増えました。県内の特産品や、お土産用の商品、泡盛や地ビールも免税の対象商品となっていますので、沖縄旅行の際はぜひ免税制度を利用するチャンスです!

免税販売の対象者・非対象者

【対象者】

○一般的な外国人旅行者(入国して6ヶ月未満で出国する者)

○2年以上日本国外に滞在し、一時的に日本に入国したのち滞在期間が6ヶ月未満で出国する日本国籍保有者

【非対象者】

○日本国内の事業所に勤務する者 ○日本に6ヶ月以上滞在している者

・該当者は日本国内に居住している者と扱われ、免税販売の対象外となります。

 

免税の対象商品と条件

menzei

 

 

家電製品・着物・服・カバン等【一般物品】

同一の非居住者に対して、同一店舗における1日の一般物品の販売合計額が1万円を超えるもの。

※合計金額が100万円を超える場合、旅券の写しを店舗側で保存します。

menzei_new

 

 

食品類・飲料類・薬品類・化粧品類・その他消耗品【消耗品】

同一の非居住者に対して、同一店舗における1日の消耗品の販売合計額が5千円を超え、50万円までの範囲内のもの。

 

 

 

※一般物品と消耗品が1つの商品を構成している場合には、消耗品の販売方法によります。

※非居住者が事業用又は販売用として購入することが明らかな物品は免税販売の対象外となります。

免税店での手続き

 購入者は目的の商品が決まったら、商品をレジへ持っていきます。その際に下記の手順で免税制度を利用できます。

①購入者:パスポート・航空券等の提示

※eチケットの普及により、航空券の提示ではなく出国日時・出国空港・便名を申告する場合もあります。

  ツアーなどで来店された場合、氏名・パスポート番号・出国日時・航空便名を記入した「ショッピングカード」が渡され、パスポート等の代わりに利用することもあります。

②免税店:「輸出免税物品購入記録票」の作成 ※免税店が作成した「購入記録票」を記述通り記載していきます。

③購入者:免税店に「購入者誓約書」の提出 ※免税店の作成した購入者誓約書へのサインをします。

④免税店:「輸出免税物品購入記録票」の旅券等への貼付(割印)

⑤免税店:免税対象物品の引渡し

⑥購入者・免税店:「購入者誓約書」の保存・免税店は非居住者から提出を受けた「購入者誓約書」を保存する(約7年)

 

消耗品の包装における注意点

  包装は基本店舗の従業員が行いますが、下記の通りに包装されていない場合は消費税を徴収されるため確認しておきましょう。また、包装後の袋や箱は日本を出国するまでは開封や穴を開けたりしないようにしましょう。

○包装は「プラスチック製の袋」又は「ダンボール製等の箱」で行われている。

○出国までに破損しない強度を有すること。

・農作物等の鮮度維持のために内容物を容易に取り出せない大きさの穴を開けることは許容される。

○開封した場合に、開封されたことがわかるシールで封印されている。

○包装の中の内容物や個数が確認出来る事。

・袋の場合は、透明かほとんど透明であること。

・箱の場合は、内容物の品目及び品名ごとの数量を記載、又は記載した書面を添付。

○出国まで開封しないこと等を日本語及び外国語で注意喚起する記載又は書面を添付。

沖縄型特定免税店制度

 沖縄特定免税店制度(おきなわとくていめんぜいてんせいど)は、2002年の沖縄振興特別措置法の改正によって創設された沖縄県限定の新しい免税店制度です。

 

仕組み

 沖縄から沖縄以外の日本の地域へ出域する旅客を対象に、内閣総理大臣が指定する一定の場所又は観光振興地域内の特定販売施設において内閣総理大臣が指定する一定の場所で関税を免除した価格で輸入品が購入できる制度です。国籍を問わず、旅行者を対象として、ウイスキー、香水、革製ハンドバッグなどのすべてのブランド品の取扱商品の関税が免除されます(購入限度額は20万円)。

 この制度は通常の免税制度とは異なり、日本人や6ヶ月以上日本に在住している外国人の方もご利用できます。

 現在は、那覇空港内の旅客ターミナル施設、港湾内の旅客施設及び那覇市おもろまちの

DFSギャラリア沖縄」ビル内が指定され、特定免税店が営業されています。

 

沖縄特定免税店制度の利用方法

 DFSギャラリア沖縄で沖縄特定免税店制度を利用するためには、必要な手続きをしないとご利用できません。

①入り口にあるレセプションカウンターにて個人輸入に必要な手続きを行う。

②住所・氏名等から帰りの航空便や船舶の出発時間を登録し、ショッピングカードを貰う。

③買い物をする。※手続きのため、購入は航空便及び船舶の出発時間から2時間前までしか行えないためご注意下さい。

④商品を購入後、発行されたレシートを受け取る。※店舗で商品を直接引き渡すことはできません。

⑤空港及び港湾の受取場にて、レシートを見せて商品を受け取る。

※レシートが引換券となります、無くさずに大切に保管しておいて下さい。

※LCCターミナル内にも免税品受取りカウンターがあります。