【沖縄トラベルインフォ】多言語の沖縄観光情報ポータルサイト

観光庁1

観光地

南部

[ID:32200]ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

※リクエストはGroupTourJapanで受付けます。

himeyuri_main

ひめゆり学徒隊の体験を通して、戦争の悲惨さを知り、平和や命の大切さに改めて触れるひめゆりの塔は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒や教師の鎮魂のために建立された慰霊碑。多くのひめゆり学徒が亡くなったことが初めてわかった伊原第三外科壕のそばにある。沖縄戦が終結したとされている6月23日の慰霊の日には、毎年慰霊祭が行われる。
ひめゆり平和祈念資料館は、1989年、ひめゆり同窓会によって、ひめゆりの塔のそばに設立された。民間立の資料館で、設立資金として多くのご寄付も頂き、開館後も入館料のみで運営している。

  • himeyuri_sub

  • himeyuri_sub2

  • himeyuri_sub3

基本情報

施設名 ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
住所 〒901-0344 沖縄県糸満市字伊原671-1
駐車場(100台)
アクセス 【車】那覇空港より車で約40分/沖縄自動車道豊見城ICより約30分
【公共交通機関】那覇空港よりモノレールで赤嶺駅下車、路線バス89番で糸満バスターミナルへ(約30分乗車)、糸満バスターミナルで108・107・82番に乗り換え、約15分、バス停 ひめゆりの塔下車

マップコードHR: 232 338 091*41
※「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。
電話番号 098-997-2100
営業時間 9:00-17:30(入館締め切り17:00) 
ひめゆりの塔は時間制限無し
定休日 年中無休
料金 大人¥310/高校生¥210/小中学生¥110
団体20名以上:大人¥280/高校生¥190/小中学生¥100
支払方法

現金のみ

所要時間
言語(メニュー) English / 繁體中文 / 简体中文 / 한국어
WiFi
備考 駐車場は、周辺のお土産品展の無料駐車場をご利用頂いています。

ひめゆり平和祈念資料館

himeyuri_siryoukan

ひめゆり学徒隊の戦争体験を通して、戦争の悲惨さや平和の尊さを伝えるために、ひめゆり同窓会によって1989年に設立されました。沖縄陸軍病院壕のジオラマ、伊原第三外科壕の実物大模型の展示や、生存者の手記、証言映像などでひめゆり学徒隊の概要を学ぶ施設です。ひめゆり学徒隊が体験した戦争の実相を伝えることで、平和の尊さを知ることができる場所になっています。

ひめゆり学徒隊

ひめゆり学徒隊とは、南風原の沖縄陸軍病院に看護要員として動員された、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の教師18名、生徒222名のことを言います。

1945年3月23日に動員され、5月25日に撤退するまでの約2ヶ月間、休む時間もないくらい重傷者の世話を行いました。5月25日に南部(現糸満市)に撤退した後は、現在のひめゆりの塔の周辺にある6つのガマ(自然洞窟)に分散して隠れることになります。

 

6月18日にひめゆり学徒隊に解散命令が下され、学徒たちは砲弾の中を壕から出ることになりました。

6つの壕のうち、ひめゆりの塔の壕(伊原第三外科壕)は、壕を脱出する前に米軍の攻撃を受け、多くの教師と生徒が亡くなりました。

動員されたひめゆり学徒隊240名のうち、136名が亡くなりました。

 

終戦の翌年、ひめゆりの塔は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒や教師を鎮魂するために建立された慰霊碑です。壕内で多くの学徒・教師が亡くなったことが戦後初めてわかったひめゆりの塔の壕(伊原第三外科壕)のそばに、建てられました。

地図

施設名 ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
電話番号 098-997-2100
住所 〒901-0344 沖縄県糸満市字伊原671-1
駐車場(100台)
アクセス 【車】那覇空港より車で約40分/沖縄自動車道豊見城ICより約30分
【公共交通機関】那覇空港よりモノレールで赤嶺駅下車、路線バス89番で糸満バスターミナルへ(約30分乗車)、糸満バスターミナルで108・107・82番に乗り換え、約15分、バス停 ひめゆりの塔下車

マップコードHR: 232 338 091*41
※「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。

地図・クーポンを印刷する